温泉文化研究所(HOME) 》    青森県県別リスト 》    落合温泉






落合温泉
  東北フリークの方を除けば黒石市の名前を身近に感じるという方はいかほどいらっしゃるでしょうか。それほど温泉が沢山湧出しているにも関わらずこの地は地味な地名です。お隣の平賀町、遠くは熊本の泗水町などと並び、影の温泉実力者なのが黒石です。こちら市街地から山間部までまんべんなく源泉が点在します。
  落合温泉は黒石温泉郷の一角を占める温泉です。しかし実際に黒石温泉郷といっても温湯・落合・板留の3つの他はやや離れており、この3つだけで考えれば落合温泉は温湯温泉のすぐ横の温泉と言うことになります。残念ながら板留の共同湯が廃止された為、今ではこの落合の共同湯が最も小さな当研究所好みの共同湯となってしました。(もっともその落合温泉共同浴場も改装され、きれいな施設系公衆浴場になりました)



落合温泉共同浴場(改装前)
  旧浴舎です。横にはダム直下の浅瀬石川がごうごうと流れています。ダムとは虹の湖のことです。
   以前の浴舎のほうがやはり鄙びた感じで外観も良かったです。
  決定的な違いは新浴舎は湯船が大きく、しかもより公衆浴場ぽくなってしまったことです。
  この湯船の時になぜ入浴画像を撮らなかったのか、それは昔に訪問したので、今のようなシリーズを確立していなかったのですね。
  でも悔やまれます。たしか最初から最後まで貸しきりだったはずです。
  分析表。


落合温泉共同浴場(改装後)
  そして新浴舎です。目隠しがおしゃれになりました。
  しかし共同湯というのは不思議な存在です。今までも何度と無く書いてきましたが、なぜ新しくなると魅力が減るのでしょう。普通宿泊施設はあんまり豪華で広いのはともかく新しくて清潔であればあるほど人が来るようになる物なのですが。共同湯は古くて味があればあるほどよく見えるのです。
  びしっとした感じになりました。

  湯船も使いやすくなり、ロッカーはなんと鍵付きに。シャワーも温度調整まで出来る最新型が5機も付いていました。之では公衆浴場です。













温文研ホームへ 県別リストへ



inserted by FC2 system