長崎温泉
  三八上北は青森では最も安価な温泉がそろう場所ではないでしょうか。概ね青森では温泉料金のイメージというと「300円台」を思い浮かべますが、この地域に関しては「200円台」が随分目立ちます。また、麦茶色、コーラ色、紅茶色などモール泉系の湯が多いのも特徴です。
  三八上北という地方の中に、本来はものすごく大きな範囲を示す地名が存在します。その名も「東北町」。このユニークな自治体名は平成の大合併によりまもなく姿を消す事になっていると伺いました。
  長崎温泉は、東北町の温泉としては駅から離れているほうであり、マイカーかレンタカーがないと少しきついかも知れません。(ただし、道を正しく知っていて道があっていれば徒歩でも行けると思います)。東北町では当研究所2カ所の温泉しか入っていませんが、どちらもユニークな黒湯で「マスト」な温泉と申し上げておきます。



  長崎温泉はこの時2回目の訪問でした。3月の31日頃だったと思います。
  この看板の電話番号が笑えます。下4桁のみです。
  紅茶色の湯。適温で完璧な掛け流し。よく温まる湯はほかほかが持続します。
  こちら魚を飼っている関係で、内湯の外には露天があるように見えますが、養殖用の池です。
  こんな感じの湯です。
   ここも単純泉でした。











温文研ホームへ 県別リストへ


inserted by FC2 system