温泉文化研究所(HOME) 》  青森県県別リスト 》  大間温泉

大間海峡温泉
 下北半島は黄金の温泉密集地域となっています。有名な奥薬研温泉のかっぱの湯から全く知名度のない石神温泉や湯野川温泉などまで様々あります。
 大間海峡温泉は文字通り大間崎の温泉、つまり本州最北端の温泉と言うことになります。この辺は霧が多く、悪天の場合には最果てムードが、また運良く好天に当たったら、その場合には北海道が真ん前に見え、最北ムードがあって、天気が良くても悪くても旅情があって良い場所です。
 温泉はそんな最果て(?)ムードに地にはそぐわないような(失礼!)大変立派な建物で、浴室もテーマパークのようにいろいろな設備があります。また、レストランも併設されています。大間はマグロが有名なほか、直にスプーンですくって食べる殻付きのウニが有名ですので、大間岬に数軒ある食事どころでもいけますし、この海峡温泉のレストランでも頂けます。


※2009現在大間海峡温泉はリフォームされ下の画像のような浴室ではなくなりました。

 海岸線を走る国道より市街地を抜け、高台まで上がるとここまで来ます。Pは大きいですが、施設までのアプローチの道はややわかりにくいです。Pは段々状になっており、離れた場所のPは大型車には車中泊向きです。(但しトイレはなかった気がします。)
  実にきれいです。
  浴室は一枚の画像に収まりません。これは左半分です。2つの丸いものも浴槽で、奧の滑り台も浴槽です。また、川も湯が流れています。
 右はこんな感じです。


 奧が一番大きな浴槽で屏風岩状の所から湯が供給されています。ちょっと広くて私には落ち着きませんでした。

温文研ホームへ 県別リストへ


inserted by FC2 system